早期発見と治療が命のカギ|初期の癌に気付くには

man and woman

病院での治療が大切

看護師

トイレトラブルも改善

睡眠と呼吸の検査として血中酸素飽和度や脳波、いびきの音などのPSG検査が総合内科などの病院で行われ、睡眠時無呼吸症候群の診断がつけられます。完治させることより、将来起こる可能性がある合併症を防ぐために治療を進めることが大切です。睡眠時無呼吸症候群の症状によって睡眠の質が低下しやすく、浅い呼吸によって心臓に負担が強いられて利尿作用のホルモン分泌によるトイレトラブルを招きやすくなります。また無呼吸状態では副交感神経よりも交感神経が優位であり、治療を行うことで男性の場合には前立腺肥大と呼ばれる排尿障害までも緩和できる魅力が挙げられています。また飲酒は睡眠時無呼吸症候群の場合には控えることが求められていますが、同じく禁酒することで前立腺の浮腫みも改善できるため、治療は評価されています。

様々な悩みからアプローチ

気道を確保するためのマスクや姿勢などから治療が提案されるのが、睡眠時無呼吸症候群ですが、扁桃腺が肥大することで外科手術を必要とする場合も挙げられます。ただ単に睡眠中の狭まった気道を確保するだけではなく、最近の医療機関においてはダイエット外来による肥満の改善、禁煙や禁酒などの治療までが提案されています。またアゴの形によって鼻詰まり症状がある場合には、口呼吸となるために舌が気道を塞ぎやすく、無呼吸を起こすリスクも高まるために耳鼻科や内科での鼻詰まりの治療までが提案されています。こうした治療のアプローチによって、家族などの眠りの障害になりやすい激しいいびきの音や、無呼吸の軽減が図れる結果が得られるため、知っておきたい情報です。